年齢が増すほど出会いのチャンスが減る!出会い系もたよって彼女探しを


真面目な20代男性の恋愛に関する悩みと言えば、やはり、「出会いがない」ということですね。
大学を卒業し、就職して、仕事にもある程度慣れ、さあ、恋愛、という段階になると、すで周りの女性には相手が、というパターンが多く、なかなか素敵な出会いには巡り会えない、ということが多いでしょう。

就職もしていて、収入がしっかりあり、真面目な人、というのは、本来女性にとても人気があるのですが、そのような方が、女性と出会う機会がないばかりに、行き遅れる、ということはとても悲しいですね。
そんな方たちの彼女探しをお手伝いするのが、出会い系サイトです。

彼女探しには出会い系サイト

出会い系サイトには、あまりいいイメージがないかもしれません。
確かに、出会い系サイトが原因となるトラブルなどもあるでしょう。

ただし、ちゃんとしたサイトを選べば、そのようなトラブルには巻き込まれずに済みます。
出会い系サイトを利用している女性は、男性と同じように、出会いがないと悩んでいる人が多いです。
つまり、出会い系サイトを利用するほどに出会いを真剣に切実に探しているということとも言えます。

ある程度の課金を覚悟すること

出会い系サイトで出会うためにはある程度お金をかけなくてはいけないということを覚悟してください。
「無料で出会える」なんてことはありえません。
多くの出会い系サイトは、最初に無料ポイントを付与してくれますが、それは、無料ポイントの範囲で出会える、ということではなく、無料ポイントの範囲で利用して、サイトの雰囲気や使い勝手を理解してもらう、というのが目的です。

それに、コンパなどに参加するにしてもお金は必要になりますし、その分のお金を使っていると思えば、納得もしやすくなるでしょう。
とりあえず、出会い系サイトで真剣に出会いを探すなら、何円か課金することをおすすめします。

サイト内でメッセージをやり取りするのにもポイントを使用しますし、実際に「会おう」と言うことになったときに、相手のメールアドレスなど、連絡先を知るのにポイントが必要なサイトもあります。
ポイントには余裕をもってあらかじめいくらか課金しておくのがよいでしょう。

■まとめ
彼女探しがしたいけれど、出会いの場がない、時間がない、そんなかたには、出会い系サイトを利用していただくのがいいです。
男性向け恋愛ノウハウを紹介している彼女探しに最適な場所と方法まとめが参考になりますので、こちらも確認すると良いでしょう。
出会い系を利用する上では、幸せをつかむ必要経費ととらえある程度の課金を覚悟し、相手の女性と円滑にやり取りをできるようにしておきましょう。

出会い系サイトを利用するときの3ポイント

出会い系サイトを利用することに抵抗がありますか?
世間的なイメージで出会い系サイトといえば、あまりいいイメージがなく、未成年との不正な出会いなど、犯罪の温床となっているイメージが強いかもしれません。
しかし、実際には、犯罪に巻き込まれる可能性を防ぐ方法はいくらでもあります。
気を付けて利用すれば、出会い系サイトも危険なものではなく、安全に使うことができるでしょう。

自分の周りで探すのは難しい年齢になったら出会い系を頼ってみるべし

男性に彼女ができない多くの理由は、「仕事が忙しくて出会いがない」というのが一番の理由でしょう。
大学を卒業して、就職し、仕事も落ち着いて、さあ恋愛、という頃には、周りの女性はほとんど相手がいたり、結婚していたりしていることが多いです。

そのまま、彼女もできないまま、結婚もできないまま30代にもなれば、ほとんどの女性は結婚しているし、かといって、年下の女性にはなかなか相手をしてもらえない、そんなパターンが多くあると思います。

相手がいない、結婚していない相手もいますし、年上の男性が好きな若い女性もいますが、自分の周りで探すのはなかなか難しいものです。
出会い系サイトには、同じような現状の女性も登録しています。

出会い系をうまく利用するコツ


出会い系をうまく利用するコツは、
「プロフィールをしっかりと設定する」
「課金する料金を決める」
「こまめにメッセージをやり取りする」
の三点です。

プロフィールをしっかりと設定する

プロフィールは出会い系サイトにおける出会いの窓口とも言えます。
これをしっかり設定しておけば、女性に注目してもらえますし、出会いのチャンスも増えるでしょう。

課金する料金を決める

無料で出会うことはほとんどといっていいほどあり得ません。
まずは、自分のなかで「このくらいならいいかな」という額を設定し、それでポイントを購入することです。
メッセージのやり取りや、出会うときの連絡先の交換にもポイントは利用します。
出会いを円滑するためにもポイントはあらかじめいくらか用意しておきましょう。

こまめにメッセージをやり取りする

すぐに会う、というと、やはり多くの女性は抵抗を感じてしまいます。
何度かメッセージをやり取りして、それを通して、自分のことをよく知ってもらい、女性の方から「会いませんか」と言われるくらいになりましょう。
以上の三点に気を付けて、出会い系を利用してください。

■まとめ
出会い系を利用する上で注意すべきことをしっかりと守りつつ、狙った女性を射止めるために、プロフィールの設定、ポイントの購入、メッセージのやり取りをしっかりとして、素敵な出会いを探しましょう。

Continue Reading

出会い系サイトで探した運命の人

出会い系サイトを利用する女性ってどう思いますか?
そう質問したら、あんまり良い答えは返ってこない気がします。
恋人探しに必死すぎるとか、婚活に必死すぎるとか、援助交際が目的だろうとか、ネガティブなイメージが多いのではないでしょうか?
だから大きな声で出会い系サイトを利用してるよ!って言う女性はいないと思います。
でも、出会い系サイトを利用している女性は実際にいます。
特に男性の方、女性はほとんどサクラなのでは?と思っていませんか?
サクラ以外にも、実際に登録している女性もいるんですよ!安心して下さい。
後は、出会う事ができるかどうかだけなのです。
そんな私も、実は出会い系サイトに登録していた女性の1人です。
勿論、サクラやメールレディーと呼ばれるような仕事で登録していたわけではありません。
真剣に恋人を探していたから登録していたのです。
真剣に恋人を探すには不向きじゃない?という声が聞こえてきそうですが、そういったニーズに対応したサイトもあるんです。
だから、ネガティブなイメージばかりではなく、もっと良いイメージを持ってもらいたいのです。
勿論、婚活にも利用できると思いますよ。
婚活がなかなか上手く行かないと悩んでいる女性にもオススメです。
私は、出会い系サイトで1人の男性と出会いました。
その方とは、結婚を前提にお付き合いをしています。
そんな大切な人との出会いに関するお話をします。
これを読んで、少しでもネガティブなイメージが覆されれば良いなあと思っています。

Continue Reading

みんなの出会い系サイトを使いはじめたきっかけ

出会う系サイトなど、既存のコミュニティ以外での出会いを求めようとする若者の心理はインターネットの世界で威力を発揮していきます。
出会い系サイトではなくても、趣味のサイトやニュース系のサイト、地域の話題などが飛び交い、それぞれに出会いがあります。
たとえば、ポータルサイトのYahoo!Japanでは、各種のインターネットのホームページを「芸術と人文」「ビジネスと経済」「コンピュータとインターネット」「教育」「エンターティメント」などさまざまなカテゴリーに分割しています。
ほかにも様々なところで、ポータルサイトが存在し、それら全てが出会いの場を提供しています。
たとえば、個人があるカテゴリーに属するホームページを作り、そこに掲示板やチャットを設置すれば、そこに誰かが集まってきます。
そのようなホームページは「出会い」そのものが目的ではないにしても、結果的に「出会い」となってしまうことがよくあります。
ほとんどが明るい出会いを提供している半面、少し暗い話題があったのも記憶に新しいところです。
「心中相手募集」というのが2000年代前半に流行ったもの記憶に新しいところです。
インターネットの可能性を信じて、インターネット人口が飛躍的に増加した時期にある意味冷や水を浴びせたような事件でした。
これはまさに「負の出会い系サイト」と言えなくもないですね。
このようにさまざまな出会いがある、インターネット。
「出会い系サイト」は、面識のない匿名の男女の出会い、あるいは同性間の出会いを主目的としたサイトということになります。
そしてそのほとんどが交際目的と言ってもいいでしょう。
人々に出会いの場を提供する出会い系サイトですが、警察庁では、有害サイトとして取り扱われることが多いです。
その定義は、「一般に面識のない者同士が出会うことを目的としてインターネット上に設置されたサイト」となっています。
出会い系サイトは、メル友探し、合コンの相手探し、同窓生探しなどの意見交換を目的としたものや、恋愛や結婚を前提としたもの、性的関係を目的としたものまで実に様々です。
そのなかでも異性間の出会いの場を提供する出会い系サイトはその需要の高さから、たくさんの種類のサイトができています。

Continue Reading

恋されるプロフの書き方

完全無料の出会い系サイトに限った事ではありませんが、出会い系サイトに入会して最初にしなければならない事は、自己紹介のプロファイル登録だと思います。
プロファイルを作成する時に、あれこれと工夫を凝らす人は多いでしょう。
当然私も、あれこれ工夫をするタイプです。
しかし、女性に注目していただけるプロファイルが出来ているかどうかは、判りません。
じゃあ、プロファイルは適当にしておいて、メールで勝負すればいいんじゃないという訳でもないのです。
運良くメールを読んでいただいたとしても、次にお相手が見るのは、確実に自己紹介のプロファイル欄だからなのです。
100%とは言い切れませんが、メールだけ見て、すぐに返事をする単純な人は少ないでしょう。
いくらメールで気に入っていただいても、自己紹介欄のプロファイルで手抜きをしていたら、返事を出す事もやめてしまうでしょう。
私は自己紹介欄のプロファイルも、メールと同様だと思います。
長文になりすぎても駄目ですし、短すぎてもアピール不足になるのです。
適度な長さです!
見る人によってその尺度は違ってきますが、とりあえずは書いてみて、少し時間をおいて再度見直して第三者的に判断すればいいでしょう。
さっと目を通す気持ちになれつ程度の長さで、あなたの事が表現できていればOKです。
中身も自慢話だらけでは駄目ですし、自虐だらけでも駄目です。
お相手が女性に限ったことはないですが、こんな内容は、まず嫌われるのです。
そして、真面目すぎる自己紹介プロファイルも印象が堅くなりすぎです。
真面目な出逢いを捜し求めている人達でも、真面目すぐるプロフィールは魅力的じゃないのです。
そして最も大切な事があります。
誇大表現!誇大広告!
大げさな書き方はNGです。
プロファイルとリアルにギャップがありすぎた場合、リアル・デートで対面した時に、空気が一変してしまいます。
ほとんどの場合は、それが最初で最後のデートになってしまうのです。
最悪の場合、お相手が帰ってしまう事もあるでしょう。
これだけ自己紹介欄のプロファイルが大切な理由を並べましたから、どなたも理解いただけたと思います。
自己紹介欄のプロファイルは、キチンと作成しましょう!

Continue Reading

女性がときめくファーストメール文

“出会い系サイトに登録したら、男も女もメールを待ちはじめるわけですよね。
女性の場合はほとんどが自分からメールを送らずに、メールが来る事を待っている人が多いので、男性はどんどんメールを送るようにしましょう。
ただし、女性のところには毎日他の会員からも毎日たくさんのメールが届くので、相手の目に止まるメールを送らなくてはいけません。
一番簡単なのは、プロフィールをもっと詳しく書くことです。
プロフィールと言っても、固くなり過ぎないようにしましょう。
例え自分が結婚を目的にしていたとしても、自己紹介が固い、または長い人などは、ファーストメールの開始という点ではマイナスになってしまいます。
言いたいことがたくさんあるのは分かりますが、詳しくはメールのやり取りが始まってからでも良いのです。
スポーツ鑑賞が趣味なら、好きなスポーツ、チーム、どこにどのくらいの頻度で観に行っているかなど、細かく書いた方が、話題が膨らみます。また、仕事の内容も、ただ「会社員です」と書くよりは「化学系の製造業の会社で、システムエンジニアをしています」と書いた方が、人物像がはっきりするのでオススメです。
人物像を更にはっきりとさせるためには、趣味の話題と最近の出来事を結びつけてしまうのもいいですね。
システムエンジニアで言うのであれば、昨日は徹夜したとか、久しぶりの休みだった、とか。
失敗談などを記載するのも、相手にとってはイメージされやすくなりますね。
女性が見て、「この人と一緒にいると楽しそう」と思う人が一番魅力的なので、なるべく明るく活動的なイメージを与える文面にした方がいいでしょう。
その後は、楽しいメールを交換することです。
会社や生活の愚痴ばかり書いていると、相手もいやになってしまうので禁物です。
面白おかしく、下らないシャレやオヤジギャグばかり書いていても嫌われますが、なるべくポジティブで明るい気持ちになれるメールを書いた方が交換が持たれますよね。
それから、一度作成したメールは、必ず読み返してから送るようにしましょう。
書いているうちに、支離滅裂になったり、自分に酔ってしまった文章になることがよくあるので、気をつけましょう。”

Continue Reading

出会い系サイトでのキャラクターとは

コミュニケーションを前提に「出会い系サイト」のやりとりを考えてみます。
男性が出会い系サイトにアクセスし、気に入った女性にメールを送ったとします。
女性にはすでに何通もの不特定多数の男性からメールが送られてきています。
ですから、一度のメール送信くらいでは、返事が来るとはかぎりませんし、むしろ来ないと考えるほうがいいでしょう。
そのことを何度か経験した男性は、同時に複数の女性にメールを送るのが普通になってきます。
それは一通のメールを一人の女性に送っていても返事が来ないことがわかっているからです。
このことから男性が女性に送るメールは物量作戦の様相を呈してくるのです。
メールを出す相手を増やせば増やすほど、返事の数も増えることが予想されます。
一方女性はたくさんのメールの中から何人かを選んで返事を書きます。
すべての男性に返信できなくはないですが、出会い系サイトでのコミュニケ―ションに時間をかけられない現実もあるでしょう。
返事があったにしても、何度もメール交換をするには、本人が持っているコミュニケーションレベルによっても差が大きいです。
相手は顔も知らない、会ったこともない匿名の第三者。
文面だけで次の返事を書かざるを得ないのです。
いきなり、「会いましょう」とか「エッチしましょう」という書き込みをしても普通は相手にされません。
援助交際の場合は、いきなり金銭交渉ということもあるでしょうが、それ以外の場合は、一般的にあからさまな欲望は嫌われます。
結果として、実際に会うまでに数日という場合もあれば、数ヵ月、あるいは数年かかってしまうことも珍しくはありません。
お互いが相性がよいと思ってもすぐに会える距離とはかぎらないのです。
そのようなメール交換の中で、ある種の心理効果が発生することがあります。
まず、メールを送る側は、大なり小なり自分のイメージをよくしようとします。
出会いが目的ですから、相手に嫌われないようにするのは普通の行動といえます。
意識するかしないかは別としても、ある種のキャラクター設定をすることになるのです。
このようにインターネットの世界、出会い系サイトの世界では、それぞれがそれぞれを演じてしまう世界ということもいえるのです。

Continue Reading

出会い系でモテる必勝方法

メールの内容は、相手に対する「自己」イメージを作り上げるもので、「出会い系サイト」で異性(特に同性)との出会いを強く意識します。
メール交換の相手に対してのもっともふさわしい「自己イメージ」を一旦作りあげようとすれば、そのイメージをメールに付け加えようとするものです。
そのイメージは、当初はメールのきっかけとなったプロフィールに、のちには、出会い系サイトで交換されたメールの内容に依存していくことになるのです。
「異性と関係を持ちたいとう強い『動機』をもつ若者は、その獲得のためにふさわしいとされる役割アイデンティティ、例えば、たくましい、やさしい、魅力的な体をもつ、ユーモアがあるなどの、異性にとって魅力的とされる自己概念を身につけようとするのです」
メールの相手とどうなりたいのか。
その「動機」によって、自己イメージも変わっていくことになり、メールの内容もそれによって規定されていくことでしょう。
メール交換をしている相手をある程度イメージしているものの、実際に出会った時にギャップを感じない人はほとんどいません。
「自己」はイメージが変化可能なものです。
相手との付き合いの長さや使っている言葉の解釈のしかた、自身の置かれた状況によって、語るべき「自己」は変化し得るのです。
メール交換だけであったとしても、それまで趣味や関心ごと、日常のことなどをメールで繰り返していた自分や匿名の他社が、ふと弱音をはいたとします。
すると、それによってイメージが崩れることもよくあるのです。
それによってメール交換が続かなくなることもあるかもしれませんし、かえって親密になるかもしれません。
してにイメージさせる「自己」が固定的ではないということは、いつどんなときでもイメージを変えることは可能だということです。
相手との関係を想像すれば、異性との出会いを利用して、相手との関係をどうしたいかによって、自己イメージが変わっていきます。もちろん。出会い系サイトでのつながりであれば、自分も相手も、警戒はしつつも、期待は持っているものです。
その期待と不安の中で作りあげられた自己イメージと他者イメージを前提に出会い系サイトの中でメール交換が続いていくのです。

Continue Reading